制度のご案内

 

平成18年6月
警察庁交通局交通指導課

 

放置違反金の滞納情報に関するインターネット照会制度のご案内


1.

平成18年6月1日から、改正道路交通法の規定による車検拒否制度の運用が開始されました。本制度は、放置駐車違反に対して、違反者の責任を追及することが困難な場合には、当該車両の使用者に対して都道府県公安委員会が放置違反金の納付を命じることとするとともに、放置違反金の納付を命ぜられたにもかかわらず、これを納付せず、都道府県公安委員会から督促を受けるに至った自動車の使用者は、当該放置違反金等を納付したこと等を証する書面を提示しなければ継続検査又は構造等変更検査の際に自動車検査証の有効期限を更新できないこととするものです。

2.

警察庁では、本制度の施行に伴い、自動車の点検・整備と併せて当該自動車の継続検査等の受検手続きを代行される自動車整備事業者の方々のために、インターネットを利用して、自動車のナンバープレートの番号から、当該自動車が車検拒否制度の対象となっている可能性があるか否かを照会することができる仕組み(インターネット照会制度)を構築することとしました。インターネット照会制度の運用については、一般社団法人日本自動車整備振興会連合会及び地方自動車整備振興会のご協力を頂き、同連合会に対して業務委託(個人情報の取扱いの委託)を行っております。

3.

インターネット照会制度は、各整備事業者の方が手持ちのパソコンを利用して、インターネットにより照会しようとする自動車のナンバープレートの番号を入力・送信すれば、その番号を車検拒否制度の対象となっている自動車の番号標の番号の下一桁を消去したものと照合することにより、照会された自動車が車検拒否制度の対象となっている可能性があるか否かを回答するものです。

4.

照会は、整備事業者の方のID番号とパスワード、照会しようとする自動車のナンバープレートの番号を入力・送信することにより簡単にできます。事前登録が必要ですので本制度の利用を希望する方は利用申請を行って下さい。

以 上

利用申請へ
トップ画面へ


Copyright (c) Japan Automobile Service Promotion Association

R110000