利用規程

 

 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会(以下「当会」という)は、“認証整備事業者かつ自動車整備振興会の会員”(以下「整振会員」という)が、放置違反金滞納車情報照会システム(以下「本システム」という)を利用する場合の利用規程(以下「本規程」という)を以下の通り定めます。

注)整振会員には、特別会員、賛助会員、準会員等も含まれる。


第1章 総 則

 

(規程の適用)

第1条

 当会が提供する本システムの情報をインターネットによって照会する場合のサービス利用等(以下「本サービス」という)は、本規程に基づき取扱います。

(利用申請者)

第2条

 本サービスの利用申請者とは、本サ−ビスの利用を警察庁に申請した整振会員をいいます。

2.

利用申請者は、本サービスの利用申請に際して、以下の誓約事項及び、本規程に同意の上、これを誠実に遵守するものとします。

(1)

照会にあたっては、その都度、必ず照会に係る自動車の使用者から照会に対する同意書を徴して下さい。

(2)

警察庁からの求めに応じて、いつでも(1)の同意書を提出して下さい。

(3)

照会は、継続検査又は構造等変更検査の受検手続きの代行を行う自動車について、車検拒否制度の運用に係るトラブル等を未然に防止する目的で行い、それ以外の目的では行わないで下さい。

(4)

利用者ID、パスワードや照会結果は、厳格に管理し、関係者以外の者に知られないように注意して下さい。

(5)

(1)から(4)までの事項に違反し、または利用者ID、パスワード、若しくは照会結果が関係者以外の者に漏洩したことが判明した場合は、以後の照会を行うことはできません。

(6)

都道府県警察に対する放置違反金滞納車情報照会は、インターネットによる照会により、車検拒否制度の対象となっている可能性がある旨の回答を得た自動車についてのみ行うようにして下さい。

(7)

申請事項に変更が生じた場合、または整備事業を廃業した場合は、速やかに変更等の登録をして下さい。

(利用者)

第3条

 本サービスの利用者とは、本サービスへの利用申請者のうち、警察庁が承認した者をいいます。

2.

利用者は、本サービスの利用承認を確認した時点で本規程の内容を承諾しているものとみなします。

(規程の変更)

第4条

 当会は、利用者の承諾なく、本規程を変更できるものとし、当該変更は本システム上に掲示することとし、利用者が本システムにアクセスし、当該変更の掲示を閲覧することが可能となったときに有効になるものとします。

(利用者情報の取扱い)

第5条

 当会は、利用者が利用申請及び登録属性変更の際に届け出た個人情報等の事項及び、サービス利用過程において知り得た情報を本システムに登録し所有します。

2.

当会は、前項の登録した情報について、原則として情報提供者である警察庁、全国の自動車整備振興会及び、機密保持契約を締結した協力会社以外の第三者には、個人識別が可能な状態で提供しないものとし、当会の「個人情報保護に関する基本方針」(プライバシーポリシー)に基づき保護・管理します。

(本システム業務の一部委託)

第6条

 当会は、整振会員の所属する自動車整備振興会(以下「所属整振」という)に、本システムに係わる事務処理等の一部を委託しております。

↑ページのトップへ↑

第2章 本システムの情報内容

 

(情報の内容)

第7条

 情報の内容を次の通りとします。

(情報名) (内 容)
放置違反金滞納車照会情報 放置違反金滞納による車検拒否対象の可能性有無

↑ページのトップへ↑

第3章 本システムの利用申請

 

(利用申請)

第8条

 本システムの利用を希望する整振会員は、下記項目を本システム上で利用申請として登録して下さい。

 所属整振
 事業場名
 認証番号
 担当者氏名
 郵便番号
 所在地
 電話番号
 FAX番号
 メールアドレス(任意)

2.

前項の登録を行った日から、速やかに認証整備事業場の認証証の写しを所属整振に送付し、確認(利用申請の受理)登録を受けて下さい。

3.

利用申請の有効期間は3ヵ月とし、期限までに前項の確認登録ができない利用申請は無効となり、再度利用申請を行う必要があります。

4.

利用申請者に登録IDを発行しますので、パスワ−ドを自身で設定していただきます。

(利用申請の単位)

第9条  利用申請の単位は、整振会員の事業場または事業所単位とします。

(利用申請者への利用承認通知方法)

第10条  利用申請者への承認通知は、本システム上に掲示します。

↑ページのトップへ↑

第4章 本システムの利用者登録

 

(利用者の登録期間)

第11条

 利用者の登録期間は、警察庁の承認を得て登録した日から、第15条に定める利用者登録抹消の日までとします。

(利用者ID)

第12条

 本システムを利用するには、利用者IDが必要になります。

2.

利用者として承認されると、利用申請時に発行された登録IDが自動的に利用者IDとなり、利用申請時に設定したパスワードが引き継がれます。

(利用料金)

第13条  本システムの利用料金は、無料とします。

(利用者登録内容の変更)

第14条

 利用申請時の登録内容に変更が生じた場合は、速やかに利用者自身で本システム上で変更していただきます。

2.

認証番号に変更が生じた場合は、速やかに所属整振に連絡していただきます。

(利用者の登録抹消)

第15条

 本システムの利用を取消す場合は、速やかに所属整振に連絡していただきます。

2.

所属整振の会員資格を失った場合は、第3条1項の定めるところにより、利用者の資格を失ったものとして自動的に本規程に基づく登録を抹消します。

3.

利用者が以下各号のいずれかの状態となった場合は、登録を抹消します。

(1)

2回目の不渡りを出し銀行取引停止処分を受ける。

(2)

内整理する(代表が倒産を認めたとき)。

(3)

裁判所に会社更生法の適用を申請する。

(4)

裁判所に商法による会社整理の適用を申請する。

(5)

裁判所に民事再生法の手続き開始を申請する。

(6)

裁判所に破産を申請する。

(7)

裁判所に特別清算の開始を申請する。

4.

前各項以外で、利用者が所属整振の会員としての事業活動を行っているとは認め難いと判断した場合等は、登録を抹消します。

↑ページのトップへ↑

第5章 利用上の制約事項

 

(利用者の利用停止処置)

第16条

 利用者が以下各号のいずれかに該当する場合は、理由及び停止期間を所属整振を通じて当会から事前に通知した上で、本サービスを停止することがあります。

(1)

他の利用者、本システムへの情報提供者である警察庁、全国の自動車整備振興会、当会に不利益・不都合を及ぼす利用をしたとき。

(2)

本システムのデータベースを改ざん・破壊したとき。

(3)

前各号の他、本規程に定める事項に違反したとき。

(利用者の強制抹消と対抗措置)

第17条

 前条の規程により通知を受けた利用者が、利用停止期間が経過しても、前条の各号の該当状況に対する改善を怠っていると判断されるときは、強制的に登録を抹消し、民法・刑法上の措置をとることができます。

(サービスの停止及び制限)

第18条

 次の場合は、本サービスの一部または全部を停止することがあります。

(1)

本サービスのシステムの保守を定期的または緊急に行うとき。

(2)

本サービスの実施が、第三者に不利益・不都合をきたしたとき。

(3)

天災、激甚災害、その他不可抗力など非常事態が発生したとき、または発生する恐れが大であると判断されるとき。

(4)

前各号他、運用上、当会が本サービスの一時的な中断が必要と判断したとき。

2.

前項による本サービスの一部または全部を停止するときは、緊急等やむを得ないときを除き、利用者に予めその旨を本システム上で掲示(通知)するものとします。

↑ページのトップへ↑

第6章 利用者の責務

 

(利用者の遵守事項)

第19条

 利用者は次の事項を遵守していただきます。なお、これら事項に反した場合は、民法・刑法上の措置を含めて第17条が適用されることがあります。

(1)

利用者ID及びパスワードの管理責任を負うものとし、盗まれた場合は速やかに所属整振に通知して、その処置対策に従うこと。

(2)

利用者は、本サービスの利用資格を第三者に譲渡、貸与を行わないこと。

(3)

故意に、他の利用者、情報提供者、所属整振、当会に不利益・不都合をもたらす行為は行わないこと。

(4)

故意に、本システムのデータベースを改ざん・破壊する行為、またはこれを助長する行為は行わないこと。

(利用者の賠償義務)

第20条

 利用者の責に帰すべき事由で第19条に反して、他の利用者、情報提供者、所属整振、当会に損害が発生した場合は、損害を蒙った当該者に賠償の義務を負うものとします。

↑ページのトップへ↑

第7章 当会及び所属整振の責務及び免責

 

(本システムの維持管理)

第21条

 当会は本サービスの運営が円滑に行われるよう、設備やデータベースの維持管理を適切に行うものとします。

(免責事項)

第22条

 利用者登録をしたが、インターネットサービスプロバイダ等の通信網、もしくは自己のパソコン等に起因してインターネットに接続することができず、本サービスの利用を受けられなかった場合の責任は、当会は負わないものとします。

(機密保持)

第23条

 所属整振、当会等は、本サービスに関して知り得た利用者の機密情報を第三者に漏洩しないものとします。

 

(その他)

第24条

 本規程に記載のない実施上必要な細目については、関係省庁、所属整振、当会との協議によって定めます。

↑ページのトップへ↑

附 則

 

平成18年6月12日 施行

平成25年4月1日  改訂




Copyright (c) Japan Automobile Service Promotion Association

R190000